月別アーカイブ: 2014年4月

世界遺産登録目前のあの有名な旧宅へ。。。。

世界文化遺産への登録を勧告された群馬県の「富岡製糸場と絹産業遺産群」。事前審査をする国連教育科学文化機関(ユネスコ)の諮問機関・国際記念物遺跡会議(イコモス)は26日に公表した勧告で、「富岡製糸場と関連資産は、日本が近代工業化世界に仲間入りする鍵となった」と高く評価した。明治日本の高い技術革新と、海を越えて絹産業の発展をもたらした歴史的価値が、世界に認められることになった。

 産業の近代化を急ぐ明治政府が西欧から最新技術を導入し、1872(明治5)年に設立した富岡製糸場は、日本初の本格的な器械製糸工場。技術指導者の育成にも力を入れ、養蚕技術を独自に改良して大量生産を実現、世界の絹産業の発展に貢献した。今回の勧告でも、こうした富岡製糸場と関連施設の役割を重視し、「明治時代初期までさかのぼる富岡製糸場は、(中略)19世紀末期に養蚕と日本の生糸産業の革新に決定的な役割を果たした」と指摘した。

 さらに、イコモスの高い評価を得たのが、施設の保存状態だ。世界文化遺産の登録には、施設が適切に保存、管理されているかがポイントになる。1893(明治26)年に民間に払い下げられた富岡製糸場は、1987(昭和62)年まで現役の製糸場として稼働。操業停止後も所有する片倉工業(東京)が「貸さない・売らない・壊さない」の社訓を定めて保全に務めた結果、和洋折衷の様式で建てられた木骨れんが造りの繰糸場や倉庫などが、ほぼ完全に残された。

 2007(平成19)年に群馬県富岡市に寄贈されてからは、多数のボランティアもかかわって大切に保存、管理されている。明治政府がつくった官営工場の中で、ほぼ完全な形で残っているのは富岡製糸場だけで、文化庁は「これだけ大規模な工場が残っているのは奇跡的だ」と称賛する。

 

「富岡製糸場と絹産業遺産群」の構成資産の田島弥平旧宅(たじまやへいきゅうたく)は、「清涼育」と呼ばれる蚕の飼育法を確立した田島弥平が1863年に立てた蚕室の建築物。田島は蚕の飼育には自然の通風が重要であると考えた。瓦ぶき総2階建てで、換気のための越し屋根を備えており、近代養蚕農家の原型となった。

 田島弥平の確立した飼育法に、火力での温湿度調節を合わせて改良を施したのが、養蚕教育機関の高山社(たかやましゃ)。「清温育」と呼ばれる飼育法は日本の標準養蚕法となり海外にも普及した。荒船風穴(あらふねふうけつ)は明治末につくられた国内最大規模の蚕種(蚕の卵)の貯蔵施設で、岩の隙間から吹き出す冷風を利用し、繭(まゆ)の大量生産に貢献した。

 

まさに江戸時代にタイムスリップしたようです。

自宅より車で15分のところにまさかの世界遺産登録直前の養蚕農家旧宅。。。。田島弥平宅

佇まいが素晴らしい。。。日本人の美意識が見えますね。

 外国の方とか観光客も多くなりそうです。。富岡製糸場にも行きたいですね。。

こんな貴重な建物が未だ、築後151年経過した今でも、当時の状態が維持されている

のが凄いです。

 

機織り機で紡ぐ音が今にも、聞こえてきそうです。。。

 

丁度、日テレが取材中でした。。。。。益々有名になりますね。。。

 

GW中出かけて見ても面白いですよ。。

 早稲田土地 047

 早稲田土地 051

 

早稲田土地 045

 

早稲田土地 054

 

早稲田土地 046

早稲田土地 055

 

早稲田土地 056

セウォル号の海難事故について。。。

早稲田土地 044 

韓国、済州島近くの珍島沖での旅客船セウォル号の沈没事故で
避難誘導が焦点に。。。

今回の事故では、乗員から適切な避難指示がなかったとの指摘が多い。救出された乗客の多くは「その場でじっとしているように」と放送があったと話している。待機している間に船が傾き、浸水やドアが開かなくなったために移動できなくなった可能性もある。

 救助された乗客の一人は「救命胴衣を着ていたから、海上で救助を待つことができた。乗客は『外に出ないように』と言われていたが、もし乗客が海に飛び込んでいたら助かっただろう」と、AP通信に語った。

 今回の事故では、乗客の多くが行方不明になる一方で、乗員は過半数が救出された。聯合ニュースは17日、イ・ジュンソク船長(60)が、下船命令を下さないまま脱出していた疑いがあると指摘。そのため、乗組員が乗客に適切な指示を出せず、被害を拡大した可能性があるという見方を示した。

 セウォル号に甲板員として乗り組んでいた男性は毎日新聞の取材に「寝ている時に事故が起きた。機関長から『一緒に逃げるぞ』と言われて、すぐに外へ出た」と証言した。この男性は「放送のことは記憶にない。早く逃げないとという考えだけだった」と話した。海洋警察庁幹部は「イ船長が緊急時に最後まで乗客の安全を守らなければならない船員法にも違反したと見ている」と話しているという。

私も2級小型船舶操縦士の資格を  (20t未満又は、24m未満、海岸から5海里以内約9kmまで)持っていますが、人命救助が、最優先、船長が、船内に乗船客を残したまま、先頭の救命ボートで逃げたとは、全く呆れた話しです。

1912年4月14日にイギリス豪華客船タイタニック号が北大西洋上で氷山に接触し沈没した事故で犠牲者の乗員、乗客合わせて1513人にも及ぶ大惨事の大よそ282人20%にあたる事故でした。まさに悲劇は繰り返される。。。人災事故は、繰り返してほしくない事故です。

亡くなった方のご冥福をお祈りします。