月別アーカイブ: 2014年2月

ラストダンスを私に。。。。

 

早稲田土地 009早稲田土地 010

 

4年に一度のソチオリンピックが終了し、

日本は、金1個 銀4個 銅3個の各メダルを獲得した。

 

日本は男子、フィギアスケート競技の羽生選手の金メダルを筆頭に

合計8個獲得し長野オリンピックに次ぐ高成績を残した。

 

又、引退が注目される、浅田真央選手、女子フィギアスケート一部、元総理大臣らしからぬ発言もあったが浅田選手も今回メダルに手が届かなかったが人々の記憶に残るラストダンスを見せてくれた。4年に一度の氷の祭典でその時期にモチベーションを維持し結果を残すのは、大変である、浅田選手の凛とした日本人らしい滑りが又、次のオリンピックで伝家の宝刀、

トリプルアクセルをみたいものである。

又レジェンドこと、葛西選手は、41歳の年齢に拘わららず、ストイックな、までに精神と肉体を進化させ、金メダルに近い銀メダルを獲ったのは、まさにレジェンドの称号がふさわしいですね。。。次の2018年の冬季オリンピック開催地は韓国の平昌ですよね。

もう、次の目標に向けたスタートは、切ってるんですね。。。選手の皆さんお疲れ様でした。

これをたんといただきました。。。

画像 269画像 270画像 271画像 276画像 275画像 274画像 273画像 272これをたんといただきました。

休日に、群馬県太田市にある牛たんつづみさんに行って

来ました。自宅から、車で1時間程です。距離にして、

約18Km位でドライブがてら、出かけました。

ここのお店は、牛タン専門店です。ここのご主人は、

今のお店を始めて10年目だ、そうです。以前は、

足利市で営業していて10年前から、ここで、営業された

そうです。入店したのは、午後5:30に入店しました。

厨房に近いカウンター席に座り、私が最初のお客でした。

ご主人と雑談しながら、注文をしました。まずは、

ノンアルコールビールとゆでタン、上タン焼き、タンシチュー

、タンのタタキ、生牡蠣のオリーブ焼き、どれも

ここの主人の自信作だそうですが、気をきかせてくれて

一品ずつ間を見ながら、提供してくれます。一品目は、

ゆでタンです、柔らかな厚切りのタンが数枚、ワサビと

白菜か添えてあり、塩味であっさりしています。

お肉が柔らかく、ほろほろで、お年寄りでも、

安心して食べれます。コクがあります。常連客は、

必ずオーダーするそうです。
二品目は、上タン焼きでサラダ菜とカイワレが添えてあり、

甘口と辛口のタレがついていて付け合わせの野菜にタレ

をつけて、巻いて食べると牛タンのこりこりとした
食感と野菜のシャキシャキ感が、絶妙です。

エスニック風です。
三品目は、タンのタタキは、
タンが隠れるほどの野菜がタップリでポン酢味で

サッパリと食欲が進みます。ニンニクのチップが

効いてます。ご飯のオカズにも、いいと思います。

四品目は、タンのビーフシチューで土鍋で、

グツグツ煮込まれてでてきました。濃厚なドミグラスソース

で煮込まれた牛タンが柔らかく美味しいです、
人参やジャガイモ入りです。
五品目は、生牡蠣オリーブ焼き
広島の提携先から取り寄せた生の牡蠣を直前で捌き、

オーブンで焼いてありプリプリジューシーでパン粉の

サクサク感が、絶妙です

オリーブオイルの風味がいいな。
又ここの主人の後輩が四谷三丁目で同じ屋号でやはり、

牛タンの専門店を開いているそうです、
そんな会話をしていると来店客が
急に、何組か、入店し厨房も忙しくなり、

牡蠣のオリーブ焼きを平らげ、早々、会計を済ませ

店をあとに夫婦で営業していて、こじんまりしていていい

お店でした。

御主人は、和食の職人の様な風貌でテキパキ仕事を

こなし、美味しいものを創作する意欲満々なかたでした。

御馳走様でした。